>どうだか堂に戻る
>ばっくなんば〜

雑記(話題なんでーも不定期)

サイト内容がかなり偏っているため?ここでは管理人どうだかが何かを書きます。
というか攻略ページを作るのに少々時間がかかっていますので暇つぶしにでも
読んでいただければ幸いです。

第九十五話(2019/4/30)
平成に間に合いました?(だから何が?

今年中に決着がつけられませんでした(前回の雑記より)。

我が家のインターネットは、未だにADSLです。それはさておき、このコーナーも年一回のローペース更新になり つつあります。書きたいことは色々あるのですが、未だにテキストファイルをHTMLファイルに変換するという昔 ながらの作業で更新をしているため、更新が億劫になってしまっています。そろそろブログ形式に変更したい ところではありますが、あれは自分で構築できるのでしょうか。そういったサービスに加入するのは面倒なので、 自分でどうにかしたいところではあります(結局どうするんだYO!)。

さて、前回に引き続きデジタルな話題ですが、皆さんは友達や職場の人とどのように連絡をしているでしょうか。 筆者はもっぱらメールで連絡をしていますが、最近は携帯電話のメールアドレスを持っていない人も多いため、 連絡に困ることがあります。また、Gmailのメールアドレスを指定する人もいるのですが、何故か届かないことも 多いので不便に感じています。

このような時、恐らく皆さんならLINEで連絡を取り合うのでしょうが、筆者は今も昔もPHSであるため、そのような ハイカラな通信手段を持ち合わせていません。ちなみにPHSは最近基地局が間引きされているのか、電波が非常に 不安定な場所が多くなっています。家や職場でアンテナの本数が不規則に変わっていたり、繁華街の飲食店で軒並み 圏外になるなど、目に見える形で不便さを感じることが多くなりました。特に後者は、去年末から今年にかけて 利用した5件中3件が圏外、残り2件がアンテナ1本でメール送信に数回失敗するという有様です。まさに、「ご覧の 有様だよ!」と言いたくなるような状況です。

そのようなわけで、とうとうPHSから携帯(スマートフォンではない)に機種変更をしようと思っているのですが、今の 時代はスマートフォン一択と言っても過言ではないようで、携帯(折り畳み式電話)はほとんど売っていません。 筆者が加入しているワイモバイルでは、発売間もないAQUOSケータイ3にするか、ちょっと前のDIGNOケータイ2にするかの 2択しか残されていません。どちらかというと、今とメーカーが同じでLINEも使えるDIGNOケータイ2かと思うのですが、 新しくて解像度の高いAQUOSケータイ3も良いかなと思っています。ただ、どちらにしろPHSのサービス自体が来年に終了して しまいますので、あと一年で決めざるを得ないことではあります。

っということで、次回は新しい携帯のレビューでも出来たらいいなあと思います。
それではまた次回!(買うまで更新は無しかYO!)

第九十四話(2018/2/11)
それはまるでスローモーションのように…

ビデオカードが直って一段落と思った矢先、CDを取り込もうとしたところ、なぜかフリーズするという現象が発生しました。 またもOSの再インストールから始めないといけないと思いましたが、ダメもとでSATAケーブルと電源ケーブルを差し直した ところ、無事復活しました。どうやらビデオカードを付け外ししていた時にケーブルが接触不良を起こしていたようです。

さて、近年パソコンゲームで遊んでいると、巨大な修正パッチを当てる必要が出てくるため非常に困っています。筆者のインターネット 環境は未だにADSLであるため、最高でも4Mbpsほどしかスピードが出ません。そのため、寝ている間にダウンロードする等しないといけないため 非常に時間が勿体ない状態になっています。っというか、いざ遊ぼうと思い起動したら一晩待たされると、遊ぶ気が削がれてしまいます。

そこで、回線の変更を検討しているのですが、なかなか決め手に欠けているため難航しています。案としては 1.NTTの光回線、2.電力会社のの光回線、3.AXGPの無線回線、となるのですが、1と2は月額料金の高さと工事が必要なことがネックとなり、 3は速度が最高110Mbpsしか出ないことがネックとなっています。隠し選択肢として4.ゲームを止める、というのもあるのですが(あるのかYO!)、 動画も中画質で処理落ちするような状態になっているため、やっぱり近々変更しないといけないことに変わりはありません…。

そんなわけで、今年中には決着がつけられるように色々と情報を集めたいと思います。
それではまた次回!(せっかくだからADSL終了まで使えYO!)

第九十三話(2018/1/21)
壊・即・送

皆さん、明けましておめでとうございます。今年もどうだか堂をよろしくお願いいたします(出遅れDA!)。

さて、今回のお話は筆者のパソコンについてです。実は、去年の春ごろにELSAのGeforceGTX1050Tiを購入したのですが、 夏ごろに赤い点や線が入り、ディスプレイドライバの停止エラーも発生するという状況に陥りました。インターネットで 調べてみると、どうやらドライバの更新を上書きインストールで行うと、そのような不具合に陥ることがあるとのこと だったため、早速ドライバを削除して再度インストールを試みるも症状は全く治らずです。それどころか、数日後には ディスプレイに何も映らなくなりました…。仕方なく、CPU内蔵のHD4600に繋ぎかえると問題なく映りました。そのため、 OSのクリーンインストールをするまで、ビデオカードは外しておく方向で筆者の脳内会議は決着しました。そもそも、近年 最新のゲームをしておらず必要のないパーツであったため、放置しておいても問題が無かったという事情があります が(だったら買うなYO!)。

そして、年末にOSのクリーンインストールを行う機会ができたため、再びビデオカードを差してみたのですが…なぜかディスプレイ は黒いままです。冷却ファンは回っているし、信号ロストにはなっていないためビデオカード本体が悪いとは考えにくいです。 そこで、インターネットでさらに情報を探してみると、マザーボードのBIOSがUEFIというものに替わったため設定を見直さないと いけない場合があるという記事を発見しました。そこで、いろいろな組み合わせで設定を変更してみたのですが、1050Tiは返事を してくれません。

ここまでくると、一般人ではどうにもならないため、メーカーに修理依頼することにしました。本当はマザーボード自体が 壊れていたという可能性もあるのですが、こちらはすでに保証期間が過ぎているため、保証期間内のビデオカードに全てを賭けて 送り出します。なお、ELSAの修理依頼は、まずホームページ等でサポートに問い合わせを行い、「確認するから送ってください」 の回答を貰ってから該当品を送付します。ちなみに今回はホームページから問い合わせをしましたが、1営業日で回答が来ました。 さらに、該当品を送付してから筆者の手元に返ってくるのに2営業日しか掛かりませんでした。以前、ギガバイトのマザーボードを 修理に出した時(第八十二話の時)は、購入店経由で依頼したため1か月以上掛かりましたが、それとは比較にならないほどの スピードで終了したため非常にびっくりしました。

そんなわけで、次ビデオカードを買うときも、少し高いですがELSAの商品を購入しようと思いました。ちなみに、筆者が送った ビデオカードは不具合が確認されたとのことで、返送されてきた交換品を取り付けたところ普通に映りました。
それではまた次回!(保証書はきちんと保存しとけYO!)