立大法人鹿島大学教職員組合ケ丘支部規約  ≪支部大会にて第10条、改正≫

第1章  総則

第1条         この支部は、国立法人鹿児島大学教職員組合規約第10条にもとづくもので、国立大学法人鹿児島大学教職員組合桜ケ丘支部という。

第2条         支部に事務所を国立大学法人鹿児島大学桜ケ丘地区におく。

第3条         支部は、組合員の社会的経済的地位ならびに文化的教養の向上および組合員相互の親睦をはかることを目的とする。

第4条         支部は次の事業をおこなう。

(1)   組合員の待遇および労働条件の向上

(2)   組合員の福祉厚生の増進および文化事業の推進

(3)   組合員相互の親睦をはかる

(4)   その他、支部の目的達成に必要な事項

第2章  組合員

   5   この支部は、国立大学法人鹿児島大学桜ケ丘事業場および関連職場の教職員で構成する。ただし、労働組合法第2条但し書き第1号に定める管理監督的地位にある教職員は加入できない。

   6   支部への加入は、本人の自発的自由意志にもとづくもので、加入申込書を支部に提出し支部の機関の承認をえなければならない。

(2)   本人の意志にもとづいて組合員が支部より脱退する場合は、その理由を記した脱退届を支部の機関に提出し、承認をえなければならない。

第3章  支部の機関など

  7  支部に次の機関をおく。

(1)   支部総会

(2)   支部執行委員会

(3)   支部四役会議

  8  支部総会は、支部の最高議決機関で支部代議員と支部四役、支部執行委員、支部会計監査委員で構成し、定期支部総会は原則として年1回は開催しなければならない。

    (2)  支部執行委員会の議決あるいは全組合員の三分の一以上の要求がある場合は臨時支部総会を開かなければならない。

    (3)  支部総会は、支部長が召集する。ただし、支部総会の議長は支部総会で選出する。

(4)  支部執行委員会は、支部総会の議題をあらかじめ組合員に周知しなければならない。

   9条  支部総会の任務は次の通りである。

(1)   支部規約の制定および改正

(2)   支部の活動の基本方針の決定

(3)   支部予算の決定、決算の承認

(4)   支部役員の罷免

(5)   その他、重要事項の決定

  第10条  支部総会は、組合員の五分の一以上の出席で成立する。

  (2)    支部総会の代議員は、職域や職種ごとの分会から組合員3名につき1名の割合で選出することを原則とし、支部執行委員会が代議員の選出方法を決める。

  (2)    議事は、委任状出席を除く、出席者の過半数の賛成でもって議決する。

 11条  支部執行委員会は支部大会につぐ議決ならびに執行機関であって、支部四役と支部執行委員、支部会計監査委員で構成し、原則として4か月に一回開催する。

  (2)   ただし、支部執行委員会の構成員の三分の一以上の要求があったとき、または支部長が必要と認めた時は臨時に支部執行委員会を開催する。

  (3)   支部執行委員会の司会は支部長がおこなう。

  第12条  支部執行委員会の任務は次の通りである。

(1)   支部総会が決定した活動の基本方針にしたがい、当面の活動方針を審議・決定し、執行に責任を負う。

(2)   支部総会の準備に関すること

3)   支部予算の執行と財政の管理

(4)   その他、支部の目的達成に必要な事項

13   支部執行委員会は、構成員の過半数の出席で成立する。

  (2)    議事は出席者の過半数の賛成でもって決める。

  14   四役会議は、支部長と副支部長、支部書記長、支部書記次長で構成し、原則として毎月一回開催する。

15条   四役会議の任務は次の通りである。

(1)   支部執行委員会が決定した当面の活動方針にもとづき、支部活動を推進する。

(2)   支部執行委員会の準備に関すること

(3)   支部執行委員の選出

(4)   その他、支部の日常業務の遂行

 16   職場の自主活動を強め、支部活動の推進を図るために、職域あるいは職種ごとに分会を設けることができる。

(2)   分会には、責任者として分会長を選出する。

    (3)   分会の運営は、各分会で独自に決めることができる。

4章 支部役員

  17   支部には、次の支部役員をおく。

(1)   支部長 1

(2)   副支部長 2

(3)   支部書記長 1

(4)   支部書記次長 1

(5)   支部執行委員 若干名

(6)   支部会計監査委員 2

 18   支部長は、支部を代表し、支部総会や支部執行委員会、支部四役会議を招集し、支部総会を除き、司会の役をおこなう。

(2)    副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故がある場合には代理をおこなう。

(3)   支部書記長は、支部書記局の責任者として、支部の日常活動の処理・推進に責任を負う。

(4)   支部書記次長は、支部書記長を補佐し、支部書記長に事故がある場合には代理をおこなう.

(5)   支部会計監査委員は、支部の出納事務の監査をおこない、支部総会や支部執行委員会に監査の結果を報告する。

(6)  支部会計は支部四役の中から互選により選出し、会計業務一般を処理する。

 19  支部の四役および支部会計監査委員は、組合員の中から選挙によって選出する。

  (2)   支部執行委員は、四役会議で決定する。

  (3)   前項の選挙については、別に定める。

20   役員の任期は、1年とし、再任は可能とする。

  (2)   欠員の補充として就任した者の任期は前任者の残りの期間とする。

5章 支部会計

  21   支部の経費は、組合費および寄付金、その他の収入にもとづく。

  (2)   組合費は、支部総会で決定する。

  (3)  支部の会計年度は、61日より翌年531日までとする。

付則       この支部規約は、2006727日から施行

                 2008718日定期大会にて一部改正

                  2011824日定期大会にて一部改正